ANAの株主優待券払い戻しについて



ANAの航空チケットをよりお得に購入するには、株主優待券を利用すると非常に安く済むかと思います。

株主優待券は、記名などの必要もなく、配当者にだけ使う権利があるというようなものではないですし、他人への譲渡も可能なので、配当者でなくても株主優待券さえあれば半額で航空チケットを購入することができるのです。
ANAの株主優待券は、金券ショップやインターネットの商品券ショップなどでも手に入れることができるので、航空機をより安く使いたいという人にはお勧めです。
ANAの株主優待券は、割と休めで取引されていて4000円以内くらいで購入することができるのが殆どです。
ただし、株主優待券は1枚で片道の航空券にしか適用することができませんので、往復分に適用させるとなると株主優待券が2枚必要になるというわけですね。
なので、ネットショップなどを利用して株主優待券を購入する場合は2枚組で購入しないと、片道分しか半額にならない、ということを覚えておくといいでしょう。
もちろん、片道しか必要がないのならば1枚でいいので自分が飛行機を片道しか利用しない、という場合であれば株主優待券も1枚のみ購入するという形で問題ありません。
ANAの株主優待券を使用する時、飛行機に搭乗する前に株主優待券を回収されるのですが、搭乗日が当日の場合であれば空港に設置してあるような自動チェックイン・購入機を使っても回収してもらうことができるのですね。
こちらの株主優待券を回収するようにしておかないと、株主優待券を使った運賃の割引が適用されないので、必ず回収してもらうことを忘れないようにしましょう。
また、回収後はインターネットやACチケットを利用した払い戻しをすることができなくなってしまいますので、もし回収した後での払い戻しが必要になってしまった場合は、ANAの窓口に直接行かなくてはいけない、ということを忘れないようにしておきましょう。
未使用証明書を払い戻しで貰うのも忘れずに。
株主優待券は、乗車券を半額にするという性質上実際に購入した値段が数千円単位であっても、乗車券の割引率を考えればもっと価値のあるものになるわけですからね。
とくに、高い時期で席も高い場所に設定した場合はそれこそ株主優待券には数万円程度の割引が望めるわけですから、払い戻しをせずにキャンセルしてしまったりすると本当にもったいないことですからね。
多少手間でも必ず窓口まで行くようにしましょう。

新着情報

◆2014/09/10
ANAの株主優待券払い戻しについての情報を更新しました。
◆2014/09/09
ハウステンボス期間限定チケットの情報を更新しました。
◆2014/09/09
お米券の使い方の情報を更新しました。
◆2014/09/08
青春18切符利用可能期間の情報を更新しました。
◆2014/09/08
JTBの旅行券を贈り物にの情報を更新しました。